八楽舎老人ホームなどの施設向け、コスト削減コンサルティング

よくあるご質問 Q&A

1.コスト適正化試算について

試算を依頼したいのですが、費用について教えてください。

費用は一切かかりません。
成功報酬型であるため、削減効果が表れるまで報酬はいただきません。
まずはお気軽にご相談ください。

試算を依頼したいのですが、何か必要な書類がありますか?

はい、各種供給会社から発行される明細書をご提示ください。
現状の契約内容を分析し、各施設の使用状況と併せて様々な角度から調査いたします。
個人情報保護方針に基づき、お預かりいたします個人情報につきましては、適正に取扱いいたしますのでご安心ください。

試算にはどれくらいの期間がかかりますか?

明細書をご提示いただいてから、約 1 ~ 2 週間ほどお時間をいただきます。

2. 適正化コンサルティングについて

適正化コンサルティングの特徴を教えてください。

電気・ガス・水道などの使用量を減らすことなく、単価や基本料を引き下げ、コスト削減に貢献いたします。
もちろん、使用量削減を目的として、イニシャルコストのかかる機器を設置することはありません。
法律・条令・約款に基づき、単価・基本料の引き下げを、私共が長年培ってきたノウハウを駆使して交渉し実現します。

実績はどの程度ありますか?

弊社コンサルタントが今までにコスト適正化を手がけた施設数は、老人ホームで 1,000 棟以上、その他の施設は、 8,000 棟を超えます。
(一社で一元的にコスト適正化事業を行った例も含みます。)

費用の支払いはどのように行いますか?

弊社の適正化コンサルティングによって削減できた金額の 50%を一年間お支払いただきます。
削減額の算出は、各 種供給会社が発行する毎月の明細書から使用量を確定し、適正化コンサルティング導入前の単価と導入後の単価の差額を元に行います。

コンサルティングに伴う費用について教えてください。

コンサルティングは、全て無料で行いますが、電気・都市ガスに関しましては、契約形態の変更に伴いメーター交換が必要な場合があります。その場合、工事費用(実費)が掛かります。

3. 契約期間について

契約期間終了後はどうなりますか?

契約期間が終了した2年目以降は、削減額はすべて施設側の継続利益となります。

契約期間とコンサルティングの報酬について教えてください。

契約期間は、1年間です。その間毎月(一部隔月)各固定費の削減額の50%をコンサルティングの報酬として請求させていただきます。
コンサルティングの報酬についての詳しい算出方法等を説明しています。