介護現場の人手不足、負担解消に「ケアコチ」

みなさん、「ケアコチ」をご存じでしょうか。

ケアコチは、エクサウィザース(東京都港区)が提供している動画コミュニケーションアプリのことです。

介護施設では、常に「人手不足」「過度の負担」が叫ばれていますが、

それを解消するのに一役買っているのがケアコチなのだそう。現在、介護の現場でどんどん導入されているそうです。

では、この「ケアコチ」、どのようなアプリなのでしょうか。

とても分かりやすいURLがありますので貼っておきます。https://youtu.be/z9lOuFpycOw

ケアコチをダウンロードしたら、スマホやタブレットで動画撮影。

撮影したものは現場で共有、すぐに見ることができます。

既に導入している介護施設では、ある作業の工程であったり、新人研修などに使用されているようです。

通常、作業工程や研修はマニュアルが必要です。

その場合のマニュアルは冊子ベースのものや、冊子ベースのマニュアルを覚えた職員が口頭で教えていくといったケースが多いと思いますが、

人手不足に悩む介護の現場では、教える方も教わる方も非常に負担がかかります。

常に人手不足状態の介護施設では、研修中は残った職員で作業をこなさねばならず、

負担もさらに大きなものになるでしょう。

ケアコチでマニュアルを動画化しておけば、

新人研修も今までのようにつきっきりでなく、動画を見ておくよう指示することで覚えてもらうこともできますし、

1度では覚えられなくても、繰り返し動画を見て覚えることもできるようになります。

人手不足の中、時間と作業に追われて研修する負担が軽減されますね。

このケアコチ、介護施設で働く方々にとって人手不足解消や負担軽減という大きなメリットがあるようですが、

利用者の方々にも大いにお役に立てる機能があるそうです。

それは、AIによる「歩容解析機能」が搭載されていること。

利用者様が5mほど直線歩行する動画を撮影するだけで、現時点での利用者様の歩行状態が分かる、というものだそうです。

通常でしたら撮影の際に器具を装着するのがセオリーでしたが、ケアコチはそれが一切不要。

言葉どおり「スマホで撮影するだけ」で、AIが歩行状態を解析し、転倒リスクなどを予測してくれるのだとか。

分析の結果は紙ベースでプリントもできるようになっていて、利用者様はもちろん、介護施設の職員さんのモチベーションアップにもつながっているそうです。

今は様々な「教える形」があります。

人手不足や負担が大きい介護施設では、従来の教え方にとどまらず、どんどん新しい形を導入し

少しでも負担が軽減された状態で働ける環境を作っていければいいですよね。

ケアコチ、気になった介護事業者様はぜひエクサウィザースのHPを読まれてみてはいかがでしょうか。

https://carecoaching.jp/?utm_source=koureijutaku&utm_medium=web&utm_campaign=article&utm_content=20200730

 

令和2年豪雨に伴う介護サービス料等の支払猶予

7月の豪雨で大きな被害を受けた高齢者関係の施設は、中部と九州で6県・99か所に及んでいます。

このうち27か所に関しては、7月15日現在でまだ施設内の片づけが進んでいません。

これに伴い厚生労働省老健局は、介護サービスを受けている被災者サービス利用料や負担金の支払を、10月末まで猶予することを決定しました。

対象となるのは、災害救助法が適用されている市町村のうち、

7月14日現在で利用料や負担金の支払い猶予の意向を発表した32市町村の介護保険被保険者

もしくは

住居が全半壊・床上浸水など大きな被害を申告している人

とのことです。

上記は7月14日現在での申し出であるため、

岐阜県4市

福岡県2市

熊本県9市12町5村

となっていますが、今後その他自治体でも申し出があった場合は、対象者が増える可能性もあります。

厚労省のHPでもは、その他医療機関受診での支払い猶予に関しても記載がありますので(こちらも災害救助法適用自治体が対象です)、

該当する自治体に住居がある方、施設がある方などはぜひ1度確認してみることをおすすめします。

 

厚労省、介護施設へのマスク追加配布中止

加藤厚労相は31日の閣議後会見で、介護施設への8000万枚のマスク追加配布を正式に中断すると発表しました。

今後は申請制となり、希望する施設へ配布するとのこと。

申請手続き用のメールアドレスや電話番号などは近く公表するそうです。

この追加配布は介護施設だけではなく、障害福祉なども対象となっています。

政府は先日、マスク8000万枚を追加配布すると発表した際に大きな批判を受けました。

今は確かに、マスクは十分足りていますよね。

以前はどこに行っても売っていなかったり、どこに行けばマスクが売られているかが分かるアプリも登場したり。

ですが、当時と状況は変わっています。

配布予定だったマスクは国の備蓄とするそうですが、本当に必要な時に配布するからこそ意味があります。

思いたくはないですが、また品薄になってしまった時のために、ぜひ備蓄してほしいなと感じています。

日本全国、日々感染者が増え続けています。

岐阜県は独自で緊急事態宣言を出すようですし、東京都も夜間の営業時間の短縮要請を出したりしています。

ただ、経済を止めたらそれ以上に事態は深刻化すると思います。

経済活動を以前の緊急事態宣言のように抑えることは難しいでしょう。

コロナとうまく共生しつつ、経済をまわしていくしかないのでは、と感じています。

【介護職慰労金】申請ガイド・高齢者住宅新聞

全国老人福祉施設協議会が、介護職員の慰労金申請手続きや仕組みに関しての簡易ガイドを作成したそうです。

会員へ向けて既に通知済みのようですが、分かりやすくまとめられているとのこと。

このような申請手続きなどは分かりづらいことも多いので、とても助かりますね。

https://www.koureisha-jutaku.com/newspaper/synthesis/20200722_01_3/

 

厚労相、介護現場の検査拡充に注力 「現場と連携して進める」

【介護のニュースサイト・JOINT】

加藤厚生労働相が先日NHKの番組に出演。

新型コロナウイルスの早期検査に関しては速やかに対応したいと、22日に安倍首相も言明していました。

コロナウイルスに感染すると重症化率が高いと言われる高齢者。

早期検査が実現すれば、かなりの可能性で感染拡大を防ぐことができるでしょう。

介護施設は、従事者の方々が日々ウイルスを持ち込むまいと奮闘されています。精神的な負担もかなりのものです。

今週中にも分科会で検討するとのこと。

検査のみならず、検査して陽性だった場合の人材確保など課題はありますが、

感染拡大を防ぐためにもまずは第一歩、進展したといってよいかもしれません。

https://www.joint-kaigo.com/articles/2020-07-27.html

【高齢者住宅新聞】新型コロナ禍で介護経営とどう向き合うか

連載第128回目の介護相談室にて、株式会社ねこの手代表の伊藤氏がコロナ下での介護経営に関して寄稿しています。

https://www.koureisha-jutaku.com/newspaper/synthesis/20200715_14_1/

「財務状態の把握」「現状の把握」「財務体質悪化の原因と改善」

これらについて簡潔に、分かりやすく説明されています。



伊藤氏は最後に、

『うちは大丈夫」ではなく「うちも大丈夫ではないかもしれない」と考えるのもリスクヘッジとなります。』

と寄せています。

本当にその通りで、介護業界に限らず、現在は様々な職種で経営の危機に陥っている企業は少なくありません。

希望退職者を募る企業も増えているというニュースも出ていますし、今はあらゆる会社が存続のために動いています。

財務状態の把握は会社存続のためにどうしても必要です。

状況の把握と原因の把握、そして改善策と順を追ってクリアしていきたいですね。

 

認知症行方不明者 過去最多【高齢者住宅新聞】

私が住む地域は何かあった時に地域内放送が流れるのですが、

頻繁に聞かれるのが、行方が分からなくなっている高齢者を探す警察署からの連絡です。

この地域内放送、増えたな・・・と思っていましたが、去年1月~12月の1年間で、認知症行方不明者の数が過去最高だったんですね。

https://www.koureisha-jutaku.com/newspaper/synthesis/20200715_05_2/

それは確かに、増えたと感じるのも当然だったようです。

都内では、GPS端末を利用して徘徊行動のある認知症患者を把握する自治体もあるとのこと。

認知症患者さまは、気づいたときには自分の居場所も、どうやってここまで来たのかもわからなくなってしまう状況に陥ってしまいます。

ご家族にとっても、行方が分からなくなってしまうことは非常に心配であり、ご家族の負担は計り知れません。

着衣に住所を書いたものを貼っておくなどいろいろな対策がありますが、そういったものを嫌がる患者様もいたり、現実的に難しい現状もあります。

少しでも患者様にも、支えるご家族にとっても負担のない方法としてGPSが有効であるならば、取り入れてみるのもよいと思います。

 

イギリス・ワクチン臨床試験

たくさんんのメディアで発表されていますが、NHKニュースのURLを添付しておきます。

イギリスのオックスフォード大学と製薬会社アストラゼネカが共同開発したワクチンの臨床試験が行われ、その結果が医学誌「ランセット」にて公表されました。

ワクチンを接種した人のうち127人で抗体の量を調べたところ、

接種していない人と比べて抗体の量が接種後に上昇し、接種から28日後に最も高い抗体値を確認したそうです。

また、接種から56日経過した時点でもまだ高い抗体値を維持していたことも明らかになりました。

さらに、このワクチンは抗体とともに体内のウイルスを攻撃する「T細胞」による強い免疫反応が確認されたとのことです。

ちなみに、接種された人の70%が接種後の頭痛や疲労感を感じたそうですが、深刻な状態ではないとのこと。

アストラゼネカは、日本政府とワクチンの供給に向けて協議を始めています。

正式なワクチンとして接種できるようになるにはまだ時間がかかると思いますが、ワクチン開発が大きく前進しているのは確かです。

ワクチンが接種できるまで、今まで通り各自ができる予防を徹底していきましょう。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200721/k10012525451000.html

【NHKニュース】新型コロナ 公費負担の検査 対象を拡充へ 厚労省

NHKニュースの記事です。

厚労省が、公費負担でPCR検査を受けられる対象を広げることが決まったようです。

新たな対象となるのが、

症状がなくとも、感染リスクの高い地域に住んでいる人や勤め先がある人とのことです。

(従来、症状がない人が公費負担で検査をする場合は濃厚接触者と認定されたときのみでした)

また、公費負担で検査をした際は14日間の外出自粛が求められていましたが、

新しく対象となる人はこの自粛も求めないとのことです。

https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/medicine/?tab=1#mokuji0

【手を触れずに使える工夫】

高齢者住宅新聞の記事です。

https://www.koureisha-jutaku.com/newspaper/synthesis/20200708_14_1/

結論としては、

コロナの影響で極力手を触れない仕様であることが優先されがちだが、

足が不自由なため手を使わなければならない方や、点字を読まれる方など、

そのような状況の方々を置き去りにしてはいけない

このような内容でした。

それも踏まえ、様々な工夫が今後なされていくのであれば素晴らしい事だと思います。

こちらの記事では、

手をかざすと自動的に噴射される消毒液

手で押すのではなく足元のペダルを踏んで使用する消毒液

足元に水洗ボタンがついたトイレ

などが紹介されています。

そういえば見たことある、と思い当たるかたもいらっしゃるのではないでしょうか。